活動を継続するために転職がおすすめ

仕事をしながらの制作活動について

【働きながらアート活動/芸術活動】継続して活動するためには転職

2022年1月6日

働きながら芸術活動/アート活動をされている方、
これからしたい方でこんなお悩みありませんか?

働きながらアート活動・芸術活動
お悩み一覧

  • 仕事が終わってから帰宅中はアート活動/芸術活動へのやる気があるけれど、帰宅して座ると何もできなくなる。
  • 仕事をして帰宅して寝るだけで毎日が終わっていく。
  • 活動資金の事や今後のことを考えると残業をして少しでも稼ぎたい。
    でも、残業をするとアート活動/芸術活動が出来ない。

仕事とアート/芸術を両立させる解決方法として「転職」がおススメ

活動を継続するために転職がおすすめ

転職のメリット

  • 毎月固定の収入が増える
  • 業務時間(通勤時間)が減らせる可能性
  • ストレスが減らせる可能性

収入が増える

収入を増やす方法は5つしかないと言われています。その中で一番簡単なのが転職です。また、簡単なだけではなく収入を上げる以外にもメリットがあります。気を付けて欲しいのは、あくまでもアート活動/芸術活動をするためです。収入が増えたことでアート活動/芸術活動へのモチベーションが無くならないようにしましょう。仕事が楽しくて楽しくてアート活動/芸術活動よりも仕事をしていたいとなった場合は良い思います。

年収を上げる方法は5つしかない!意外と少ない年収アップ方法を知っていますか?

 

 

活動を継続するために転職がおすすめ

業務時間(通勤時間)が減る

仕事が忙し過ぎて、帰宅をして寝るだけで精一杯なのにアート活動/芸術活動をしようと思うのは無理ゲーです。アート活動/芸術活動のために転職は必須です。
収入が下がってでも業務時間(通勤時間)が減ってアート活動/芸術活動への時間が確保できるように転職をしましょう。残業をしない会社は本当に残業をしません。
残業が当たり前になると転職をして残業が無くなっても、ついついあなたから進んで残業をしてしまうことがあります。残業をせずに帰宅してください。

ストレスが減る

収入が増える、業務時間が減る(どちらかだけでも)とあなたのストレスが激減します。ストレスはアート活動/芸術活動へ悪影響を及ぼします。ストレスにより出費が増えたり、ストレス解消のために時間を使ったりしてしまいます。ストレスが減ることでモチベーションは高い状態を保ちやすくなります。お金と時間をかけずに今よりもあなたのストレスを減らす方法は転職をすることです。

活動を継続するために転職がおすすめ

転職のデメリット

・業務に慣れるまでに時間がかかる
・トータルすると収入が減る
・人間関係の構築が必要

業務に慣れるまでに時間がかかる

同じ業種、同じ職種であっても会社それぞれにルールがあったりします。
慣れるまでの期間は人それぞれとなってしまいますがこれはデメリットですがやむを得ないと考えましょう。

トータルすると収入が減る

収入の中に残業代〇〇時間まで含まれていたり、転職前に福利厚生で家賃補助があるなど収入に係る部分はきちんと確認をしておきましょう。
収入が減ったがために制作活動を制限せざるを得ないとはならないように気を付けてください。
入社前に色々と聞くと悪い印象が付きそうと考えてしまいます。
しかし、アート活動/芸術活動のための転職ですのでしっかりと聞いて納得をした上で入社をしてください。

人間関係の構築が必要

これは正直、入社するまでわかりません。
入社してもすぐにわかるとも限りません。
収入が増えて、業務時間が減っても人間関係が最悪だとストレスでアート活動/芸術が活動が出来なくなる可能性があります。
人間関係でどうしても耐えられなくなった場合はすぐに転職をおススメします。
転職が出来たのですから、また、転職をすることがあなたならできます。

活動を継続するために転職がおすすめ

仕事をしながらアート活動/芸術活動をする上で大切なことは継続です。

仕事は大変で「時間」と「体力」と「モチベーション」が削られます。仕事が終わって帰宅して「体力」と「モチベーション」が限りなく0に近い状態ですが、休憩すると「時間」は無くなります。「時間」が無くなると睡眠時間が削られますので休憩することなく始めなければいけません。「仕事がとても忙しかった」「部下や後輩のミスで残業となったため仕方が無い」と仕事が終わってからアート活動/芸術活動をしないもっともな理由はすぐに見つかります。しかし、1日アート活動/芸術活動をしなかったら明日は再開するのが困難になります。仕事で疲れているのですから無理をすることで明日の仕事に影響をするかもしれません。しかも、仕事をして帰宅をしてからは2時間が限界だと考えています。アート活動/芸術活動を始めてモチベーションが上がって2時間以上可能だと思う時もあります。次の日が休みであれば良いと思うのですがそうでなければ止めて寝ることをおススメします。いや、寝て明日の仕事とアート活動/芸術活動に備えましょう。今日頑張れたのですから、明日も頑張れます。毎日、仕事をしていると様々なことが起きます。起きることのほとんどは想定をおらず、また、あなたのストレスとなるものです。仕事以外にもたくさんあり無理ゲーかもしれません。

 

【働きながらアート活動/芸術活動】制作が続けられなくなる10の理由

https://especialsjetta.com/2021/10/21/post-1600

【働きながら芸術活動/アート活動】まとめ

アート作品/芸術作品販売の心理学②「ラポール」

あなたの作品を待っている人は必ずいます。困難を乗り越えた先には、素晴らしい作品に出合えると信じて今日も明日も継続をしてアート活動/芸術活動をしましょう。

そのほかのお勧めの記事一覧

いかがでしたでしょうか?副業アート活動や副業芸術活動をテーマにこのサイトでは副業アート活動や副業芸術活動をする方を応援しています!随時記事についても更新してまいりますので、ほかの記事もぜひチェックしてみてください!

アート活動・芸術活動の成功する未来像

芸術活動/アート活動
売れてないから0円配布

決して全員にオススメする戦略ではなりません。働いているので収入がある場合のみです。売れるための戦略として初めは無料で作品を配るって、後から回収するという戦略です。 無料だったら観てくれる可能性が大幅に上がります! 観てくれれば、絶対に気に入ってもらえるという自信がある場合はぜひチャレンジしてみてください。

続きはこちら>>>

アート作品や芸術作品を販売する場面で使うには?

芸術活動/アート活動
みんなやる気で困る

仕事が忙しくてアート活動ができていない。ストレスが溜まっている。この悩みはチアトレというサービスの広告の一部を抜き取ってアート活動に書き換えてみました。仕事で疲れ、「心も身体もリフレッシュできる」のに自分一人ではなかなか動けないらしいのです。つまり、働きながらアート活動なんて相当気合を入れてないとできないことなんです。

続きはこちら>>>

アート作品や芸術作品のイメージ図

芸術活動/アート活動
ダブルスタンダードで活動

働きながらアーティストをしているのであればプライドは必要だと思います。 プライドを捨てたことによって、やりたいと思っていたことも捨ててしまいやりたいと思っていたことができるチャンスにできない可能性があります。 2つの名前を使い、プライド高き孤高の芸術家と相手の気持ちを考え尽くした売れる作家として活動をしてきましょう。

続きはこちら>>>

 

カテゴリー

アーカイブ

  • この記事を書いた人

especials

サラリーマンはアート制作が可能なのか? 結論は可能。 悩んでいる暇は無い。 カラダとアタマとココロを動かせ! 不可能を可能にしろ! キネティック・アートを制作しているespecials(エスペシャルズ)です。 キネティック・アート(kinetic art)とは、動く美術作品または動くように見える美術作品のこと。 ただし、映画やアニメーションなどは、通常はキネティック・アートとはされない。カイネティック・アートと呼ばれることもある。 Wikipediaより 素材には、スチレンボード、PDF、プラレールを使用しています。 サイズは、今のシリーズは制作中の作品が4作品目となりますが大きくなっています。

-仕事をしながらの制作活動について
-, , , , ,

Copyright© 働きながら制作活動を続けるために , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.