体験が盛り込まれた作品が素晴らしい素晴らしい

仕事をしながらの制作活動について

【働きながら芸術活動/アート活動】体験が盛込まれた作品は素晴らしい

働きながらアート活動・芸術活動をされている方、
したい方こんなお悩みありませんか?

お悩み一覧

  • 働きながらアート活動・芸術活動をしているが、自分の実力がなく上手くないため発表することができない
  • 働きながらアート活動・芸術活動をしているが、制作中はとても楽しいけれど楽しさを伝えられていない
  • 働きながらアート活動・芸術活動をしているが、何となくで制作をしてしまうときがある

体験が盛り込まれた作品が素晴らしい素晴らしい

どんなに上手く綺麗で素晴らしいアート芸術作品であっても、体験を盛り込んだ作品には勝てないです。Webを閲覧する、テレビを見るなど、情報に触れたことによって、かっこいい、可愛い、素敵、素晴らしいなど言葉ではうまく表現できないけれど、いいねと思ったり、憧れたり、自分もしてみたいと思ったことはありませんか。

感情が揺さぶれて動き出したいと思った瞬間に手に持っているスマホを使って、同じようにかっこよく、可愛く、素敵に、素晴らしいを体験したり、手に入れたりできます。仕事って全てではなく、完璧ではなくて60〜70%くらいの完成度でも十分だったりすることがあります。100%完璧にすることで納期に遅れてしまったり、経費がかかり過ぎて利益が下がってしまうなどデメリットもあります。

アート活動をすることが大変難しいです

働きながらのアート活動において必要な要素は「お金」「時間」「体力」「モチベーション」となります。仕事をしていると「お金」を得て安定した生活が出来ますが、「時間」「体力」「モチベーション」がガンガンに削られます。
そのためより効率的に作品を完成させるための努力が不可欠となります。誰かの真似だったり、すでに世の中で評価をされていることを取り入れる。常に100%の力を出すのではなく、ある程度力を抜くことで売れやすい作品をつくり収入を得るのも戦略として大切です。

体験が盛り込まれた作品が素晴らしい

目的は、自分が伝えたいと思ったことを伝えたい形で伝える

今すぐに売れなくても仕事をしているから何とか生活できる。だから、いつか訪れるチャンスの時に自分の最高傑作を発表することができるように準備をしておかなければなりません。

仕事をしていて最近感じるのは、真似事はできるけれど、やはり真似事だと薄く真似事でしかないことがバレてしまいます。しかし、薄いことがバレない。
本物を知らないために真似事でも十分凄いと思ってしまう場合があるのです。
同じことを伝えようとしたときに実際に自分で体験し、トライ&エラーを繰り返したアーティストには勝てないと思っています。決して真似事を否定はしませんし、絶対に勝てるとは思っていません。伝えたいことがあっても実力不足でカタチにできないことがあります。真似をすること実力が飛躍的にアップしたり、伝えたいことをカタチにするためのヒントを貰えたりします。

伝えたい想いが作品に入り込み過ぎて想いは十分に伝わってはくるけれど、自分の部屋には飾りにくい。部屋の壁が少し寂しかったのでパッと明るくなるキレイな作品が欲しいと思っている人にとっては体験を通しての想いが邪魔になるかもしれません。それでも、働きながらアート活動をしているのであれば、ただただ売れれば何でも良いではなく、なぜ、わざわざ仕事をして疲れきっているのにアート活動を続けるのか。あなたが体験し、あなたの器から溢れ出た伝えたい想いをアート作品に込めて欲しいです。

ブログ「ばしでざ」の高橋さんはブログ内で

上手いのにつまらない絵は、テーマがないのかも。

と投げかけ自分の体験を元に解説をしています。

「モチーフを描くのは上手いけど……」

自分は高校のとき美大受験のために指導を受けていて、人を描くときに「今この人は何をしようとしているのか」「何をしている途中なのか」「動きの前後を想像しろ」としつこく言われた。

多分そこが絵のテーマというやつだったんだと思う。

首に手を当てて立っている物憂げなイケメン、というのがモチーフだとすると、(古くてすみません)

首の痛そうなそのポーズが、「うーん困ったなあ」なのか「(照れて)へへへ、参ったなあ」なのか、「首が痛いなあ」なのか、だとしたら前後にどういう出来事があってその瞬間が生まれたのか、というのがテーマ、ということ。

絵が上手い人ほど、なんでもさらっといい感じにかけてしまうので意識しないとテーマを置いてけぼりにしてしまい、上手いけどテーマがなくてつまらない、になってしまうんじゃないかと。

上手いのにつまらない絵は、テーマがないのかも。絵のテーマって何?

結論としてテーマを決めることが大事であると言っています。(観てもらえるための)解決方法の一つだと思っています。体験も無いし、テーマも考えられない。でも、アート活動は好き!それは決してダメなことではありません。アート活動が楽しい!そのことが作品に現れていれば伝わる作品となります。

楽しいをお裾分けしましょう
【働きながら芸術活動/アート活動】楽しいという気持ちをおすそ分け

働きながらアート活動・芸術活動をされている方、 したい方こんなお悩みありませんか? お悩み一覧 働きながらアート活動・芸術活動をしているが、 作品が売れずモチベーションが上がらない 働きながらアート活 ...

続きを見る

とにかく綺麗な作品を作りたいという想いは間違えではない間違えでは無い

【働きながら芸術活動/アート活動】
体験が盛込まれた作品は素晴らしい まとめ

体験は同じ日に同じ場所で同じことを目にしたりしたとしても、そこで感じたことは他人とは違い唯一無二となります。結果として、同じ表現となったとしては全く違う作品と言っても過言ではありません。あなたの想いをあなたの手であなたにしか出来ない、つくることのできない作品を完成させてください。

いかがでしたでしょうか?副業アート活動や副業芸術活動をテーマにこのサイトでは副業アート活動や副業芸術活動をする方を応援しています!随時記事についても更新してまいりますので、ほかの記事もぜひチェックしてみてください!

副業アート活動、副業芸術活動そのほかの記事

そのほかのお勧めの記事一覧

いかがでしたでしょうか?副業アート活動や副業芸術活動をテーマにこのサイトでは副業アート活動や副業芸術活動をする方を応援しています!随時記事についても更新してまいりますので、ほかの記事もぜひチェックしてみてください!

アート活動・芸術活動の成功する未来像

【働きながら芸術活動/アート活動】
売れてないから0円で始めてみる

決して全員にオススメする戦略ではなりません。働いているので収入がある場合のみです。売れるための戦略として初めは無料で作品を配るって、後から回収するという戦略です。 無料だったら観てくれる可能性が大幅に上がります! 観てくれれば、絶対に気に入ってもらえるという自信がある場合はぜひチャレンジしてみてください。

続きはこちら>>>

アート作品や芸術作品を販売する場面で使うには?

【働きながら芸術活動/アート活動】
みんなやる気のことで困っている

仕事が忙しくてアート活動ができていない。ストレスが溜まっている。この悩みはチアトレというサービスの広告の一部を抜き取ってアート活動に書き換えてみました。仕事で疲れ、「心も身体もリフレッシュできる」のに自分一人ではなかなか動けないらしいのです。つまり、働きながらアート活動なんて相当気合を入れてないとできないことなんです。

続きはこちら>>>

アート作品や芸術作品のイメージ図

【働きながら芸術活動/アート活動】
ダブルスタンダードで活動しよう

働きながらアーティストをしているのであればプライドは必要だと思います。 プライドを捨てたことによって、やりたいと思っていたことも捨ててしまいやりたいと思っていたことができるチャンスにできない可能性があります。 2つの名前を使い、プライド高き孤高の芸術家と相手の気持ちを考え尽くした売れる作家として活動をしてきましょう。

続きはこちら>>>

アート活動・芸術活動の制作時間を確保しよう

【働きながら芸術活動/アート活動】
時間術は毎日2時間制作活動すること

わたしもついつい見てしまいます。スマホを触るとどんどんどんどんアート作品や芸術作品の制作時間が短くなっていきます。仕事をし働きながらアート活動・芸術活動をしている方であれば、アート作品や芸術作品を制作する時間を確保するために、まず、スマホをみること控えましょう。スマホが我慢できない時は下記の方法がおすすめです。

続きはこちら>>>

アート活動・芸術活動は孤独の連続

 

【働きながら芸術活動/アート活動】
嘘でいいから自分を騙してみよう

嘘はよろしく無いと思うので、自分の作品について、購入頂いた方に感想を聞いてみて 自分が許せる限り最大に拡大解釈をして、作品の魅力とする。 気づいたら幸せになりたい人に自分の作品をプレゼンしている自分がいます。 制作中は自分の作品を褒めて褒めて褒めまくる。 気づいたら、褒めて欲しくてアート活動をしている自分がいます。

続きはこちら>>>

副業アート活動や副業芸術活動はじまり

 

【働きながら芸術活動/アート活動】
アート作品を売ること、買うこと

芸術活動/アート活動をしていない友人に話を聞いてみると、芸術作品・アート作品をいままでに購入したという話を聞いたことがないです。しかし、芸術作品・アート作品が出展されている展覧会には行ったことはある!という話は聞いたことがあります。展覧会に行く=美術館にお金を支払っているため、直接的に収入が入るわけではありません。

続きはこちら>>>

カテゴリー

アーカイブ

  • この記事を書いた人

especials

サラリーマンはアート制作が可能なのか? 結論は可能。 悩んでいる暇は無い。 カラダとアタマとココロを動かせ! 不可能を可能にしろ! キネティック・アートを制作しているespecials(エスペシャルズ)です。 キネティック・アート(kinetic art)とは、動く美術作品または動くように見える美術作品のこと。 ただし、映画やアニメーションなどは、通常はキネティック・アートとはされない。カイネティック・アートと呼ばれることもある。 Wikipediaより 素材には、スチレンボード、PDF、プラレールを使用しています。 サイズは、今のシリーズは制作中の作品が4作品目となりますが大きくなっています。

-仕事をしながらの制作活動について
-, , , , ,

Copyright© 働きながら制作活動を続けるために , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.