時間がなくてアート活動ができないのは嘘

仕事をしながらの制作活動について

【働きながら芸術活動/アート活動】道具の生産終了前にやるべきこと

アート活動・芸術活動をされている方、
したい方こんなお悩みありませんか?

お悩み一覧

  • 働きながらアート活動や芸術活動をしていると、仕事が忙しく一定期間アート活動が止まってしまう期間がある。
  • 作品を完成させるためには長年愛用している道具や画材が欠かせない。
  • いつの間にか愛用していた道具や画材が生産終了となっていて作品が完成できなくなってしまった。

道具や画材はいつかは生産終了します

アート活動において手痛いのは普段使っている道具や画材の生産終了です。生産終了を止めることは難しいですが、その前にやるべきことはいくつかあります。

フランスの大手筆記具メーカー「ソシエテ・ビック」の日本法人「BICジャパン」(本社、東京都中央区)は19日、定番の使い切り油性ボールペン「オレンジ イージーグライド(オレンジEG)」が全世界で廃番になることを発表しました。

世界中で愛されたオレンジのBICボールペン、全世界で廃番に メーカー担当者も「相当ショックです」 

普段から愛用はしておりませんが、BICボールペン永遠に販売され続けると勝手に思っていたので衝撃でした。

安売りが当たり前になり苦境におちいってしまった靴下業界の現状が
SNS上で大きな注目を集めている。

きっかけになったのは靴下メーカー・靴下販売店を兼ねるTabioTwitter公式アカウントによる  「アパレルは高すぎる!という議論は定期的に起こるのですが、靴下産業はその結果31000円がデフォルトになり、国内工場は壊滅的となり、結果として全体の品質の低下を招いたので、弊社は現在のスタイルを継続したい所存です」  という投稿だ。

靴下31000円が招いたもの「一度失われた技術が復活することは困難」国内生産9割減、業界の苦悩と意地“

Tabioはカンブリア宮殿で紹介をされてから高いからこそ良いと思って買っていたのですが、いつの間にか安い靴下に代わっていました。安いので同じ種類を大量に買ったので長持ちしています。いつの間にか失われてしまっている技術がたくさんあります。

必要となったときには手遅れなのもしれません。

働きながらのアート活動においては、仕事や家庭のことで一定期間制作が中断してしまう、時間があまり確保できず年単位で作品を完成させている人も多いと思います。

永遠に永遠に販売し続ける

その間にお気に入りの道具や画材などが生産終了になってしまい、もう購入ができないなんてこともあります。常に、アート活動をしていて短い期間で何度も購入していれば生産終了が分かった時点で今の作品に必要な分だけは購入する、とりあえず買えるだけ買っておくことである程度被害を抑えることができます。

絵のタッチや世界観が既に確立しており、道具、画材が欠かせない存在となっていたら、胴部、画材を変えることで絵のタッチや世界観も変えざるを得ないかもしれません。それによりファンが離れていくなどは絶対に避けたい事態です。作品は常に最高傑作を完成させる必要があります。そのためにも道具や画材が生産終了にならないか気にかけつつ制作に集中していきましょう。

アート活動

  • アートや芸術画材が生産終了にならないためにはどうするべきか。
  • アートや芸術画材が生産終了がいち早くわかるためにはどうするべきか。
  • アートや芸術画材が生産終了が発表されたときにどうするべきか。
  • アートや芸術画材が生産終了となり手に入らなくなったときにどうするべきか。

を解説していきます。

アートや芸術画材が生産終了にならないためにはどうするべきか。

これはあなた一人ではどうにかするのは難しく、特にメーカーが販売している商品であれば尚更です。可能な限り生産終了になって欲しくない道具・画材を使用して作品を制作する、道具や画材を積極的にSNSで紹介する。購入して使用して、また、購入する。SNSで宣伝をし続けるしかありません。売上げが好調であっても新商品の発売に伴い廃盤となってしまうことがあります。商品である以上いつかはなくなると割り切っていくしかありません。

アートや芸術画材が生産終了がいち早くわかるためにはどうするべきか。

情報があなたの元に届くようにする。メーカーのwebサイトを定期的に閲覧する、メルマガに登録するなどして確認する。小売店で購入している場合は店員さんに生産終了の情報が入れて伝えてもらうようにお願いをするなど、この道具・画材は自分に必要であることをアピールをしておきましょう。

アートや芸術画材が生産終了が発表されたときにどうするべきか。

いつ生産終了となるのか、すでに終売しており出荷済だけなのか等の情報を集めた上で購入できるだけ購入しましょう。消費期限がある、保存方法によっては劣化をしていくものであれば購入できる限界がありますが少し多いくらいで良いと思います。また、どうしても同じ道具・画材を使用することが必須であれば現物が手元にあるうちに代替えとなる道具・画材を探しましょう。

アートや芸術画材が生産終了となり手に入らなくなったときにどうするべきか。

もう、駈けずり回って探すしかありません。売っていそうな小売店やネットショップを全て探しましょう。生産終了になっていることが分かっているので価格が高騰している可能性もあります。お財布と相談するのか、必要だからと購入するのか悩みどころになると思います。

現時点のアート・芸術制作スキルの限界値を知ることができる

【働きながら芸術活動/アート活動】
道具の生産終了前にやるべきこと まとめ

いつかはどんな道具・画材も生産になるものだと割り切るしかありません。全然、購入もせず、使用もしていなかったのに廃盤だと分かったときに初めて困るとならないよう積極的に購入して、使用して、SNS等で投稿していきましょう。

いかがでしたでしょうか?副業アート活動や副業芸術活動をテーマにこのサイトでは副業アート活動や副業芸術活動をする方を応援しています!随時記事についても更新してまいりますので、ほかの記事もぜひチェックしてみてください!

副業アート活動、副業芸術活動そのほかの記事

そのほかのお勧めの記事一覧

いかがでしたでしょうか?副業アート活動や副業芸術活動をテーマにこのサイトでは副業アート活動や副業芸術活動をする方を応援しています!随時記事についても更新してまいりますので、ほかの記事もぜひチェックしてみてください!

アート活動・芸術活動の成功する未来像

【働きながら芸術活動/アート活動】
売れてないから0円で始めてみる

決して全員にオススメする戦略ではなりません。働いているので収入がある場合のみです。売れるための戦略として初めは無料で作品を配るって、後から回収するという戦略です。 無料だったら観てくれる可能性が大幅に上がります! 観てくれれば、絶対に気に入ってもらえるという自信がある場合はぜひチャレンジしてみてください。

続きはこちら>>>

アート作品や芸術作品を販売する場面で使うには?

【働きながら芸術活動/アート活動】
みんなやる気のことで困っている

仕事が忙しくてアート活動ができていない。ストレスが溜まっている。この悩みはチアトレというサービスの広告の一部を抜き取ってアート活動に書き換えてみました。仕事で疲れ、「心も身体もリフレッシュできる」のに自分一人ではなかなか動けないらしいのです。つまり、働きながらアート活動なんて相当気合を入れてないとできないことなんです。

続きはこちら>>>

アート作品や芸術作品のイメージ図

【働きながら芸術活動/アート活動】
ダブルスタンダードで活動しよう

働きながらアーティストをしているのであればプライドは必要だと思います。 プライドを捨てたことによって、やりたいと思っていたことも捨ててしまいやりたいと思っていたことができるチャンスにできない可能性があります。 2つの名前を使い、プライド高き孤高の芸術家と相手の気持ちを考え尽くした売れる作家として活動をしてきましょう。

続きはこちら>>>

アート活動・芸術活動の制作時間を確保しよう

【働きながら芸術活動/アート活動】
時間術は毎日2時間制作活動すること

わたしもついつい見てしまいます。スマホを触るとどんどんどんどんアート作品や芸術作品の制作時間が短くなっていきます。仕事をし働きながらアート活動・芸術活動をしている方であれば、アート作品や芸術作品を制作する時間を確保するために、まず、スマホをみること控えましょう。スマホが我慢できない時は下記の方法がおすすめです。

続きはこちら>>>

アート活動・芸術活動は孤独の連続

 

【働きながら芸術活動/アート活動】
嘘でいいから自分を騙してみよう

嘘はよろしく無いと思うので、自分の作品について、購入頂いた方に感想を聞いてみて 自分が許せる限り最大に拡大解釈をして、作品の魅力とする。 気づいたら幸せになりたい人に自分の作品をプレゼンしている自分がいます。 制作中は自分の作品を褒めて褒めて褒めまくる。 気づいたら、褒めて欲しくてアート活動をしている自分がいます。

続きはこちら>>>

副業アート活動や副業芸術活動はじまり

 

【働きながら芸術活動/アート活動】
アート作品を売ること、買うこと

芸術活動/アート活動をしていない友人に話を聞いてみると、芸術作品・アート作品をいままでに購入したという話を聞いたことがないです。しかし、芸術作品・アート作品が出展されている展覧会には行ったことはある!という話は聞いたことがあります。展覧会に行く=美術館にお金を支払っているため、直接的に収入が入るわけではありません。

続きはこちら>>>

 

カテゴリー

アーカイブ

  • この記事を書いた人

especials

サラリーマンはアート制作が可能なのか? 結論は可能。 悩んでいる暇は無い。 カラダとアタマとココロを動かせ! 不可能を可能にしろ! キネティック・アートを制作しているespecials(エスペシャルズ)です。 キネティック・アート(kinetic art)とは、動く美術作品または動くように見える美術作品のこと。 ただし、映画やアニメーションなどは、通常はキネティック・アートとはされない。カイネティック・アートと呼ばれることもある。 Wikipediaより 素材には、スチレンボード、PDF、プラレールを使用しています。 サイズは、今のシリーズは制作中の作品が4作品目となりますが大きくなっています。

-仕事をしながらの制作活動について
-, , , , ,

Copyright© 働きながら制作活動を続けるために , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.